NicoNama Community
The Photographers - Community Page
主に、JOEmasaとSAYOが、それぞれゲームプレイを配信しています。
また、二人が一つのタイトルを遊んだり、ラジオ形式で話す企画も不定期で行っていきます。
Contents

『ポンコツロマン大活劇バンピートロットを詠む』
ニコ生にて、「ポンコツロマン大活劇バンピートロット」をJOEmasaが初見プレイ。
もう一つの産業革命が、街に生きる人々の生活を変えていった時代。
そこに生まれる喜びや悲しみを、高い自由度と、二足歩行乗り物トロットビークルと共に味わいます。
ストーリーを読み、想像し、思い浮かんだ解釈で物語を彩れるように。

これまでのあらすじ
『キニス・プルウィア』 - 001 / 002 / 003 / 004 / 005 /

youtubeに過去の放送をアップしました。
再生リスト『ポンコツロマン大活劇バンピートロットを詠む』



『バズー!魔法世界を詠む』
ニコ生にて、「バズー!魔法世界」をJOEmasaが初見プレイ。
奥深い世界観や魅力的な人物達を楽しむために、強烈なシステムと戦いながら遊びます。
ストーリーを読み、想像し、思い浮かんだ解釈で物語を彩れるように。

これまでのあらすじ
『テオの日記』 - 000 / 001 / 002 / 003 / 004 / 005 / 006 / 007 / 008 / 009 / 010 / 011 / 012 / それから / 十三

youtubeに過去の放送をアップしました。
再生リスト『バズー!魔法世界を詠む』



『キャプテン・ラヴを詠む』
ニコ生にて、「キャプテン・ラヴ」をJOEmasaが初見プレイ。
数多くのヒロインを振って振って振りまくり、恋人との愛を貫く恋愛ADVゲーム。
真実の愛の為、愛の共産化を目論むラブラブ党と戦いを繰り広げる。
真剣に観察し、選択肢を選ぶ事で、その物語が特別なものとなれるように。

youtubeに過去の放送をアップしました。
再生リスト『キャプテン・ラヴを詠む』



『Alan Wakeを詠む』
ニコ生にて、「Alan Wake」をJOEmasaが初見プレイ。
アメリカのベストセラー作家アラン・ウェイクが、休養に訪れた田舎町で、自らの書いた小説の登場人物に命を狙われる。
町を覆う得体の知れない気配、一見何の変哲もない人々の裏に潜む顔……。
ゲームシステムも含め、様々な要素が光に満ちた日中と闇が落ちた夜との対比に彩られるアクションサイコスリラー。
ストーリーを読み、想像し、思い浮かんだ解釈で物語を彩れるように。

youtubeに過去の放送をアップしました。
再生リスト『Alan Wakeを詠む』



『Virginiaを詠む』
ニコ生にて、「Virginia」をJOEmasaが初見プレイ。
一見のどかな町を舞台に、新人FBIエージェントであるアン・ターヴァーが、住人の失踪事件の謎を追う。
所謂謎解きゲームとは異なる、プレイアブルな映像アートとも称せられ、その表現にデヴィッド・リンチの影響も見られる異色作。
ストーリーを読み、想像し、思い浮かんだ解釈で物語を彩れるように。

youtubeに過去の放送をアップしました。
再生リスト『Virginiaを詠む』



『金田一少年の事件簿 星見島 悲しみの復讐鬼』
ニコ生にて、「金田一少年の事件簿 星見島 悲しみの復讐鬼」をJOEmasaが初見プレイ。
名探偵である金田一一の目をかいくぐり、復讐を果たそうとする主人公の物語。
ADVだけでなく、ACTのような要素もある異色作。

youtubeに過去の放送をアップしました。
再生リスト『金田一少年の事件簿 星見島 悲しみの復讐鬼』
こちらはバッドエンド回収の番外編です。
再生リスト『金田一少年の事件簿 星見島 悲しみの復讐鬼』 extra



『wizardryで物語る』
ニコ生にて、「wizardry 戦闘の監獄」をJOEmasaがノーリセットプレイ。
道中で、TRPGのように人物設定を考えていき、冒険録の形で物語を遺します。
簡単な情報から、厳しい戦いを経て、ドラマが生まれるまで。

配信日動画リンクAppendix Story
2015/06/28 SUN
2014/06/27 FRI 001 セス・アビントン
2014/07/01 TUE 002 カトリーナ・フリエル
2014/07/13 SUN
2014/07/21 MON 003 ジン・シンフ
2014/08/03 SUN
2014/08/07 THU
2014/08/12 TUE
2014/08/17 SUN 004 グレース・シャリエ
2014/08/21 THU
2014/08/24 SUN
2014/08/29 FRI
2014/08/31 SUN 005 メンダークス
2014/09/05 FRI
2014/09/08 MON
2014/09/12 FRI
2014/09/15 MON 006 カイ・アイゲン
2014/09/21 SUN
2014/09/26 FRI
2014/09/28 SUN
2014/10/05 SUN 007 セス・アビントン
2014/10/12 SUN
2014/10/13 MON
2014/10/17 FRI
2014/10/19 SUN 008 カトリーナ・フリエル
2014/11/02 SUN
2014/11/09 SUN
2014/11/16 SUN
2014/11/22 SAT
2014/11/27 THU
2014/11/29 SAT
2014/12/07 SUN
2014/12/14 SUN
2014/12/21 SUN
2015/01/04 SUN
2015/01/11 SUN
2015/01/18 SUN
2015/01/25 SUN
2015/02/01 SUN
2015/02/08 SUN
2015/02/15 SUN
2015/02/22 SUN
2015/03/01 SUN


配信日動画リンクAppendix Story
2015/03/08 SUN 彼らに纏わる話 001
2015/03/15 SUN 彼らに纏わる話 002
2015/03/22 SUN 彼らに纏わる話 003
2015/03/29 SUN 彼らに纏わる話 004
2015/04/05 SUN 彼らに纏わる話 005
2015/04/12 SUN 彼らに纏わる話 006
2015/04/19 SUN 彼らに纏わる話 007
2015/05/03 SUN 彼らに纏わる話 008
2015/05/10 SUN 彼らに纏わる話 009
2015/05/17 SUN 彼らに纏わる話 010
2015/05/24 SUN 彼らに纏わる話 011
2015/05/31 SUN 彼らに纏わる話 012
2015/06/14 SUN 彼らに纏わる話 013
2015/06/21 SUN 彼らに纏わる話 014
2015/06/28 SUN 彼らに纏わる話 015
2015/07/12 SUN 彼らに纏わる話 016
2015/07/19 SUN 彼らに纏わる話 017
2015/07/26 SUN 彼らに纏わる話 018
2015/08/02 SUN 彼らに纏わる話 019
2015/08/16 SUN 彼らに纏わる話 020
2015/08/23 SUN 彼らに纏わる話 021
2015/08/30 SUN 彼らに纏わる話 022
2015/09/06 SUN 彼らに纏わる話 023
2015/09/27 SUN 彼らに纏わる話 024
2015/10/11 SUN 彼らに纏わる話 025
2015/10/18 SUN 彼らに纏わる話 026
2015/11/01 SUN 彼らに纏わる話 027
2015/11/08 SUN 彼らに纏わる話 028
2015/11/15 SUN 彼らに纏わる話 029
2015/11/22 SUN 彼らに纏わる話 030
2015/12/06 SUN 彼らに纏わる話 031
2015/12/13 SUN 彼らに纏わる話 032
2015/12/20 SUN 彼らに纏わる話 033
2016/01/03 SUN 彼らに纏わる話 034
2016/01/10 SUN 彼らに纏わる話 035
2016/01/17 SUN 彼らに纏わる話 036
2016/02/07 SUN 彼らに纏わる話 037
2016/02/28 SUN 彼らに纏わる話 038
2016/03/06 SUN 彼らに纏わる話 039
2016/03/21 MON 彼らに纏わる話 040
2016/04/03 SUN 彼らに纏わる話 041
2016/04/10 SUN 彼らに纏わる話 042
2016/05/01 SUN 脱獄王に纏わる話



Main Characters
「善のパーティ」
活気付くトランブルの酒場においてすら、誰にも声をかけられずにいた、あぶれ者達。 あるいは経験が浅く、あるいは影のある実績を持ち、あるいは性格に難がある……。 そんな六人の若者が集まったパーティ。
セス・アビントン
『お坊ちゃん』
人間/男/善/ロード
貴族の跡目争いに嫌気がさして家を捨てた、まだ経験の浅い若者。 高等な教育を受け、剣の実力も申し分ない。 しかし温室で育まれた性格は、寛容を通り越して、甘い。 このあぶれ者達のパーティは彼の声をきっかけに発足したため、自然とまとめ役に収まった。
メンダークス
『死にたがり』
エルフ/男/中立/侍
己のみならず、パーティの安全も顧みずに敵に突っ込んでいく、身軽な侍。 これまで何度もロストしかけており、しかしそれでも表情すら変えずに、迷宮へ赴き続けている。 優れた殲滅力を持つ前衛にも関わらず、多くの酒場で危険人物として認知され、孤立していた。
カトリーナ・フリエル
『殴り姫(プリンセス)』
人間/女/善/僧侶
僧侶でありながら「攻撃は最大の防御」と言って憚らない、殴りプリースト。 直情型で、どんな時でも言いたい事は言わなければ気が済まない。 最も潰しが利く僧侶というクラスでありながら、他人と多くの衝突を繰り返してきたために、酒場に入り浸る日々を過ごしていた。
ジン・シンフ
『死神』
ホビット/男/中立/盗賊
かつて失敗を犯してパーティを全滅させ、何人ものロスト者を出してしまった盗賊。 ジンクスを大切にする冒険者の間では特に忌避される経歴だが、故郷の里では英雄扱いだったために、未だにこの世界を諦めきれないでいる。 今はその素性が知られると町を移るという風来坊であったが、金も尽きて立ち往生していた。
グレース・シャリエ
『セイレーン』
人間/女/中立/魔法使い
絶世の美女で、加入したパーティがことごとく彼女を中心とした男女のトラブルで瓦解している。 自身には優れた実力もなく、積極的な意志というものもないが、それ故に他人に流されやすい。 例え問題が発覚しても、彼女を追い出そうとは出来ない程に美しいため、今では酒場でも避けられている。
カイ・アイゲン
『弁舌屋』
人間/男/善/ビショップ
成長に多大な労力が必要なビショップとして、高い理想と巨大な現実の狭間で苦しむ青年。 頭は良いが、良すぎるとも言える。 細かいところに気が付くも、この業界では実力の伴わない正論には、白い目が向けられてしまう。 結果、彼は理屈張った半端物として扱われ、自身の意固地もあって不遇の毎日が続いていた。


Sub Characters
「悪のパーティ」
他国で冒険者殺しの容疑をかけられ、土地を移ってきたパーティ。 そのため、トランブルに現れてからも差し当たりは鳴りを潜めているが、迷宮探索者としての経験も豊富で、内には強い野心を秘めている。
アイリーン・バセット
『お嬢』
人間/女/悪/侍
由緒ある貴族の家に生まれたが、父が政敵に陥れられて没落した。 それでも人の良い両親は幸福そうに暮らし、封じられた先である田舎の住人達に慕われていたが、彼女はそれをひどく冷めた目で見ていた。 そんな実体なき尊敬など簡単に失われていくのを、その非凡な君主的感性で知っていたからだ。
間もなく、彼女は美しい魔法のローブを鎧に着替え、旅に出た。 再び地位や力を手に入れるため、その強力な野心と君主気質で、人を惹き付けながら。
ゾフル
『将軍(ジェネラル)』
ドワーフ/男/悪/戦士
戦闘狂。 数百年前に起こったドワーフ達の戦争で、英雄的な働きをした戦士……と、自称している。 平和になった窟世界には居場所を見つけられなかったため、いつしか戦いそのものの中に、自己の生を見出すようになった。
その経歴の真偽については、エルフですらも知るところではない。 が、実力は確かであり、周囲は面白がって将軍とあだ名している。
サイード・ダ・ドゥーネン
『影歩き』
人間/男/悪/盗賊
故郷を失った民族、レベリオ人。 レベリオの血を引く者は世界中に散らばっており、しかし独自の繋がりを維持している。 暗殺の生業もその一つで、彼らは歴史の中で「人のやりたがらない仕事」を多くこなしてきた。 影歩きとは、その畏怖と軽蔑が混じり合った表現である。
彼もまた故国への想いを教育された一人であり、かつてはその活動に関与していたが、アイリーンと出会った事で冒険者となった。 前の町でかけられた殺しの容疑を隠すため、トランブルへ入る際に忍者から不慣れな盗賊に転職している。
オクサナ・アコニト・ガーリン
『享楽信奉』
ノーム/女/悪/僧侶
子供のように可愛らしい見た目だが、実際の年齢や口ぶりはとんでもなく年寄りの、快楽主義者。 変わり者が多いと言われる北のノームの中でも特に異質で、どんな時も極端なまでに退屈を嫌う。
よく色々な所をふらついている姿が目撃されるが、そのプライベートはパーティメンバーすらも把握していない、奇怪な人物。
カヤ・ヨナス
『酔っ払い女将』
人間/女/中立/魔法使い
離れた土地に旦那と息子がいる、三十代の大酒飲み。 家族想いで、冒険者として財産を作り、自分達の商売を始めるのが目標。
毎日飲み歩かなければ気が済まない程の酒豪だが、基本的には楽しい酒を飲む人で、酔っ払うとよく自分が開く理想の宿屋の話をする。 適当な物言いが多い一方で、懐が深く豪快なため、パーティの中では姉や母のような存在。
サリアンナ・アマートゥス・ピウス・ブロムベルグ
『氷女』
エルフ/女/中立/魔法使い
魔法探求のために、頭の固いエルフの森を出た寡黙な少女。 氷魔法を得意とし、腕は立つ。 ただし表情をほとんど変えないせいで、何を考えているのか全く分からず、時に知識欲求に従ってとんでもない行動を取ったりもする。
最初は仲間との交流もくだらないものとしか考えなかったが、強引なカヤに引っ張られる内に、次第に心がその悦びを覚えていった。 だが高い志で臨んだ冒険が、今の心地よさに落ち着いてしまうのではないかと、密かに悩みを覚えている。
アンディ・タイナー
『優しくなりたい少年』
人間/男/中立/魔法使い
トランブルの魔法学校に通う、十一歳の少年。 背が小さく、大人しい性格のために、いつもいじめられて独りぼっちでいる。 農奴でありながら必死に働いて学校へ行かせてくれる両親が「優しい人になりなさい」と教えてくれたために、自分も優しくなりたいと願っている。
ある日、憧れの女の子がいじめっ子達に宝物を取り上げられ、それがテッドの迷宮に捨てられてしまったと聞かされた彼は、煽られ、背中を蹴られて、迷宮の中へと足を踏み入れてしまう。